ホーム>スタッフブログ>2016年3月

2016年3月

トランペット練習の基本とは

【トランペット練習の基本】というのは、皆さん分かっているようで出来ていないことなのでは?と感じることが多いですね。

どのような事かといえば、「くり返し練習する」・「毎日練習する」(社会人の方は難しいかも・・)ということです。

それから、「練習の基本」が何をすれば良いのかが分かっていない方が多いように思うのですね。例えば、1日の練習時間が2時間(これは、続けて2時間というようにとらえて下さいね。10:00~12:00みたいに)だとしましょう。この時の練習時間の配分なのですが、音出し5分やって次に休憩をはさみながら曲を吹く。これで2時間終了!

いかがですか?あなたの練習は、このような練習で毎日が終わっていませんか?

201633193650.jpg

トランペットの練習の基本とは何か。これをしっかり分かっている人は、今、例で挙げたような練習は決してしませんし、「うまいなあ」と回りの人からも言われている人です。

では、どのような練習をするとよいのか。練習ということから考えてみると、練習は何故、しているのかということです。それは、「うまく」吹けるようになるためだよ。という答えが返ってくると思うのですが・・・正にその通りですね。 

この「うまく」なるために行っているはずの練習が、いつの間にか忘れ去られて、すぐ曲を吹いては「あー、あそこの高い音が出ない!」とか「ここの所のタンギングがいつもうまくいかないんだよなぁ~ハァ」とかの【嘆き節】に変わり、心のなかで「まっ、いいか」と自分を納得させ、また時間が経つと「ちゃんと練習しよ!」と思い直すのですが、じゃ、何をどう練習すると良いのかが今度は分からない!

こんな【負のスパイラル】に陥っていませんか?

こんな【負のスパイラル】から早く抜けだして、毎日の練習が基本をやりながらうまくなるための練習内容を少しずつクリアして自分でも「なんかこの頃ラッパの調子がいいっちゃんね(^^)」と感じられるようになりたくありませんか?

 

そんな方には、Joy Music でトランペットレッスンを受けるのが一番の近道です!

トランペッ練習トの基本は難しいものではありません。しかし、この基本の練習を毎日続けることでいつの間にかあなたは自分のラッパの音や唇の持久力や柔軟性が付いていることに自分で驚くでしょう。

また、長いパッセージが一息一息で吹けている自分に自分に気がつくでしょう!

 

Joy Musicは、トランペットのマンツーマンレッスンに特化した、正しい吹き方を正しい練習方法で身につけることが出来る地域で唯一のトランペット教室です。 

福岡市内~県南までと佐賀県全域で出張レッスン致します。また、対応地域以外の方でもお気軽にお問い合わせ下さい。
 
Joy Music 渋谷雅寿  メール:info@tple.jp (メールは24時間対応)
           レッスン申し込み>>こちらから
           電 話:0944-32-2950
 
※電話が繋がりにくかったり、お急ぎの方はメールが確実です。
 
Alison Balsom - Paganini Caprice No.24 

 

 

吹奏楽専門コーチング 各パート実技指導コース

吹奏楽専門コーチングには、音楽の先生に特化したコンサルティングの他に、もう1つ【 トランペットパートを初めとする各パート実技指導コース】というのがあります。

吹奏楽は、次のように大きく分けると3つの編成からできていることは御存知の通りで、中々全ての楽器を顧問が一人で指導するのは困難に思われます。しかし、基本的な各楽器の特徴を知っていることで、生徒に無理・無駄のない練習をさせることは可能ですし、合奏の基本的な仕方をマスターするときにも役に立ちます。

吹奏楽 木管楽器
金管楽器
打楽器

                                                                        2016329114339.jpg   

  

【 トランペットパートを初めとする各パート実技指導コース】では

・パートリーダーとしての役割  

・毎日の練習で何をするのか

・練習スケジュールの立て方
 
・チューニングの仕方
 
・曲をどう吹くのか
 
・パートの人達が「うまく」なるためには
 
このような内容で、先生、生徒さん両方にお伝えします。また、実際の部活動ではどのような内容で、どう練習していくと効果が得られるのか、ということまでお伝え致します。

練習や選曲は、目的を持って行わなければいけません。そして、その目的は、顧問の先生を中心にして全部員が共有して実行していくことで吹奏楽としてのレベルが上がっていくのです。

是非、一度ご相談下さい。相談は、無料です。ホームページ「お問い合わせ」よりどうぞ。

ご相談はこちらから>>吹奏楽専門コーチングお問い合わせ

 

 

2016325115356.jpg

 

個別出張のマンツーマンレッスンを福岡、佐賀でお探しなら、全く初めてトランペットに挑戦される方からトランペット歴の長い方まで、年齢・性別に関係なく対応。

レッスン生一人ひとりに合った分かりやすく、実効性のあるレッスンカリキュラムと適正な料金のJoy Musicにお任せ下さい。
 
Joy Musicは、トランペットのマンツーマンレッスンに特化した、正しい吹き方を正しい練習方法で身につけることが出来る地域で唯一のトランペット教室です。 
福岡市内~県南までと佐賀県全域で出張レッスン致します。また、対応地域以外の方でもお気軽にお問い合わせ下さい。
 
Joy Music 渋谷雅寿  メール:info@tple.jp (メールは24時間対応)  
           電 話:0944-32-2950
 
※電話が繋がりにくかったり、お急ぎの方はメールが確実です。
 
Live and Let Die 

 

 

 

吹奏楽専門コース ブラスコンサルティングその2

前回の続きになりますが、このコンサルティングでは【吹奏楽の指導者のためのわかりやすい指導法 V0.1】という冊子(Joy Music 編集)を使用します。

               冊子【吹奏楽の指導者のためのわかりやすい指導法 Vo.1】

2016325113357.jpg

コンサルティングを受講される先生は無料ですが、この冊子のみの購入も出来ます。価格は、税込1080円です。送料別。冊子ご希望の方 PDFでの購入の方は、税込1080円のみになります。合奏の基礎、全体チューニングの楽譜が附属しています。

第1章 あなたの「あるべき姿」とは
 
第2章 吹奏楽部の指導で最低限、必要なこと
 
  ①部活としての運営をどうするのか。
 
  ②毎日の練習と練習時間
 
  ③選曲と曲の指導について
 
第2章の①②③を中心に、吹奏楽部の運営からリーダーをどう育てるのか、練習計画からパート練習のさせ方、チューニングや基礎合奏のさせ方、選曲から曲作りの仕方などが載っています。
 
漠然とした物が一気に具体的にどのように考え行動していけば吹奏楽部を運営していけるのかがハッキリとした形で分かるようになります。
 
2016325114410.jpg
 
 
【気づく 築く 響く 明日からブラスの 響き が変わる !】
私は、吹奏楽の指導に携わって35年以上経ちました。 
この間延べ1700名以上の吹奏楽部の生徒への指導から得たものは「気づき」です。
では、何に「気づく」のか。それは、吹奏楽部の生徒達の「表情」や「行動」、練習に取り組む「姿勢」「音や音楽に対する関心」などです。
また、自身(教師や指導者)の「あるべき姿」は何なのか。これに気づくことです。
「気づく」から始まり、そして仲間や音を「築く」。 その結果として「響く」のです。
 
以上は【吹奏楽の指導者のためのわかりやすい指導法 V0.1】の最初に書いている文章です。
先生の気付き、生徒たちの気付きから吹奏楽の「音」は変わっていきます。
 
さあ、日々もんもんとされている、授業や吹奏楽部の指導、学級経営で悩まれている音楽科の先生!
 
「悩んでばかりいると日が暮れちゃいますよ!」コンサルティングを受ける前に、気楽に日頃の悩みを相談ください。    
尚、悩みや吹奏楽、授業等のご相談に対しては、丁寧にご返答させて頂きますのでご安心下さい。
 
Joy Musicへのご相談、ご質問等は全て無料です!
下のメールアドレスからお気軽に~(^^)~
 
Joy Musicメール:info@tple.jp
 
 
 
2016325115356.jpg
 
個別出張のマンツーマンレッスンを福岡、佐賀でお探しなら、全く初めてトランペットに挑戦される方からトランペット歴の長い方まで、年齢・性別に関係なく対応。
レッスン生一人ひとりに合った分かりやすく、実効性のあるレッスンカリキュラムと適正な料金のJoy Musicにお任せ下さい。
 
Joy Musicは、トランペットのマンツーマンレッスンに特化した、正しい吹き方を正しい練習方法で身につけることが出来る地域で唯一のトランペット教室です。 
福岡市内~県南までと佐賀県全域で出張レッスン致します。また、対応地域以外の方でもお気軽にお問い合わせ下さい。
 
Joy Music 渋谷雅寿  メール:info@tple.jp (メールは24時間対応)  
           電 話:0944-32-2950
 
※電話が繋がりにくかったり、お急ぎの方はメールが確実です。
 
 
金管バンドの演奏をお聴き下さい。演奏はコーリー・バンドです。
The Cory Band - 'Men of Harlech' [HD] The Music Show, ABC Radio National   

Joy Musicのもう1つの部門 吹奏楽専門コース

吹奏楽専門コースは、コンサルティングと実技指導コースの2つがあります。

 201632311619.jpg

 

【コンサルティング】は、中学校の音楽の先生に特化したブラスコンサルティングを行います。

吹奏楽連盟や教育委員会、音楽研究会などでは絶対に教えない、先生の学校の実態に合った吹奏楽部の運営をどのように行えばよいのか。また、先生がどの学校へ異動されても吹奏楽部運営ができるノウハウを全てコンサルティング致します。

現在、多くの音楽科の教師は学校で1人、というのが圧倒的に多いのが現状です。吹奏楽部の運営もですが、音楽の授業や指導法についても毎日の学校勤務では一人で考え思い悩むことも多いのが実情です。

日頃から誰とも音楽の話が出来ずにもんもんと過ごしておられませんか?

そんな日常の勤務プラスの吹奏楽部の運営なのですね。

 

このような悩みをお持ちの先生。一人で悩まないで下さい!

◯音楽科教師だけど、吹奏楽は余り経験がなく、どのように部活運営をしたらよいのか分からない。

◯自分が取り組んでいる部活動の指導に確信が持てない。

◯基礎練習をどのように生徒にさせたらよいか自信がない。

◯正しい基礎練習をしているのか(身についているのか)不安。

◯演奏技術の向上を目指したい。

◯どのような曲を選べばよいか、よく分からない。

◯生徒が自主的に練習するようにしたい。

◯リーダーをどのように育てるとよいのか具体的なことが知りたい。

その他、色々な悩みをお持ちだと思いますが・・・・。

 

先生!どうか一人で悩まずご相談下さい。必ず成果が上がります。もうすでに成果を上げておられる先生もいます。

資料だけでは分からない!詳しく知りたい、という先生はJoy Music へメールを下されば、先生の学校へお伺いしてお話することも可能です。

尚、このブラスコンサルティングでは、「吹奏楽の指導者のためのわかりやすい指導法Vo.1」という冊子を使いながら先生自身に考えてもらい実践していく形で行っていきます。

部活動を通して音楽科教師として何を伝えていくのか?これが大切になると思います。

 

まずは、お問い合わせから>>ご連絡を! 

吹奏楽の指導者のためのブラスコンサルティングのページからも出来ます!

吹奏楽の指導者のためのブラスコンサルティング>>こちらから

 

Holst: Second Suite for Military Band in F major Op.28-2 

演奏:NHK交響楽団

 

 

仲間と練習することはうまくなるコツの一つ

【仲間と練習することはうまくなるコツの一つ】
 
2016322101038.jpg
 
トランペットがうまくなるコツは、吹奏楽や何かの音楽グループ、アンサンブル活動などで吹く事ではありません。
何故かといえば、そのような活動は曲を吹く、ということが目的だからです。
うまくなるためには練習することが必要です。では、どうすればよいのか・・・
 
基本的には練習というのは、1人でするものです。
しかし、トランペットのような比較的大きな音のする楽器はなかなか自宅で吹く環境に恵まれないものです。
 
私も若い時、トランペットのプロを目指していたにもかかわらず、アパートでは楽器の練習はできませんでした。
 
東京という大都会でしたので余計にでしたが、練習は学校、公園、荒川の土手でしていました。この中で公園は周りにアパートなどもあり苦情が直接来ていましたね。
ですので、皆さんも自宅以外での練習となると大いに困ってあるのでは、と思います。
 
吹奏楽やアンサンブルの団体などに入っていれば、その時間だけでもトランペットの音のことに注意を払わずに済みますからね。
ただ、所属しているバンドの曲の練習はできても自分の練習は出来ませんね。
 
本当は逆なんですね。
 
個人で十分に練習する時間があって、その上でバンドに参加する。というのが理想なんです。
けど、現実にはそれが出来ないから困るのですね。
 
今回募集をしている【トランペット、練習しようかい】はこの理想を少しでも叶えられるのですね。
また、トランペットを吹く仲間と一緒に練習ができるのも大きなメリットですね。
トランペットを吹く方のサポーターであり続けたいという私の願いもあります。
トランペットを吹く仲間との繋がりを作りそれを広げていく。
トランペットの魅力を伝えていく。
トランペットって意外と簡単に吹けるんだ、ということを仲間で共有しあってその輪を広げていくことができたらとでも素晴らしいと思います。
 
【トランペット、練習しようかい】に参加して仲間と一緒にうまくなりませんか?
私もお手伝いをします。但し、この会は練習する会ですのでレッスンはしません。(順レッスンに近いかも~(^^)~)
その代り、皆さんがうまくなるための練習のアドバイスやアンサンブルの資料の提供などをお伝えします。
また、私も練習しますので一緒に練習しながら疑問、質問にもお答えできます。
 
 
 
 
トランペットの個別出張のマンツーマンレッスンを福岡、佐賀でお探しなら、全く初めてトランペットに挑戦される方からトランペット歴の長い方まで、年齢・性別に関係なく対応。
 
レッスン生一人ひとりに合った分かりやすく、実効性のあるレッスンカリキュラムと適正な料金のJoy Musicにお任せ下さい。
 
Joy Music 渋谷雅寿  メール:info@tple.jp (メールは24時間対応)  
           電 話:0944-32-2950
 
 
 
では、今回も1曲お聴き下さい!
Sant Andreu Jazz Band - I don't mean a thing (15è BS Festival Mil·lenni) 

 

 

 

【トランペット、練習しようかい】のメンバー紹介!

昨日は、15:30~より久留米市え~るピアの音楽室2で会員制のトランペット、練習しようかいの練習日でした。

今回はメンバーの紹介をしますね~(^^)~

201632193537.gif

 

会が発足して2ヶ月、メンバーは現在2名で行っていますが、2人とも社会人の女性の方です。

一人の方はレッスン生ですが、彼女は2年前にトランペットを初めて吹き始めたそうで、久留米市在住の方。Joy Music でレッスンを受ける前は、福岡市まで行っていたそうで、今は家の近くでレッスンが受けられ、時間的にもとても満足しているとのこと。 

月1回のレッスンなのですがレッスン料金も適切だ、と言ってくれています。

トランペットの他にも色々な趣味をお持ちなのですが、先々はトランペットでジヤズを吹きたいとのこと。この【トランペット、練習しようかい】では、練習場所の確保と同じ社会人としてトランペットを吹いている方と繋がりたい、ということで参加されています。

 

もう一人の方も社会人の女性の方です。わざわざ大牟田市から来て頂いています!

201632194910.jpg

 

中学校からトランペットを吹いてきて大学まで吹いていたそうで、社会人になってからは中々吹く時間が取れなくて、こういうチャンスを探していた!と言われています。

2年間のブランクがあるのが心配!と言われてますが、全然大丈夫ですよ!と言っています。これホントです。

家で練習出来るそうなのですが、やはりトランペットを吹く仲間との繋がりや一緒に吹く楽しさを求めて来ています!ということでした。

マウスピースだけが自分で選んでいないということでしたので、数種類のマウスピースをご紹介しました。色々な種類のマウスピースを実際に吹いてみて、音色や自分の唇にあったマウスピースを選ばれました。

注:マウスピースの種類とは、大きさのことです。今回はバックのマウスピース5種類をご本人の希望のマウスピースも含めてご紹介しました。Joy Musicでは、このようなマウスピースなどの小物からトランペットまで、ご要望があれば良い物を信頼できる楽器店さんをご紹介しています。

 

トランペットの個別出張のマンツーマンレッスンを福岡、佐賀でお探しなら、全く初めてトランペットに挑戦される方からトランペット歴の長い方まで、年齢・性別に関係なく対応。
レッスン生一人ひとりに合った分かりやすく、実効性のあるレッスンカリキュラムと適正な料金のJoy Musicにお任せ下さい。
福岡市内~県南までと佐賀県全域で出張レッスン致します。また、対応地域以外の方でもお気軽にお問い合わせ下さい。
 
Joy Music 渋谷雅寿  メール:info@tple.jp (メールは24時間対応)  
           電 話:0944-32-2950
 
※電話が繋がりにくかったり、お急ぎの方はメールが確実です。
 
 

 

 

 

うまくなるコツ

まず、この演奏を聴いて下さいね。ジャズトランペット演奏はケビン・ディーンさん
ことような演奏を聴くとトランペット奏法は音楽のジャンルには全く関係ないのだな、ということがよくお解かりになると思いますよ。
音色、タンギング、どれをとっても【トランペット】です。
 
Jazz, Period. - A Short Romance 

では、

【トランペットがうまくなるコツ】を教えますね~(^^)~
 
これを書く前に皆さんは私のホームページブログやfc2のブログでトランペットの練習の仕方や技術的な色々なことを読んでおられると思います。
 
また、私の書いたことの他にもトランペットに関することをバンドの指導者や楽器屋さん、トランペットの講師のかたなどからもどうすればうまくなるのかを聞いて知っているのではないかと思います。
 
トランペットがうまくなるためのこれらの情報は、あなたにとって全て正しい情報とは限りません。
 
何故かといえば、私を含め指導者や講師の方やトランペットに関する本などの情報が今の自分の吹き方や演奏に全て当てはまらないからです。
 
また、指導者の中には無責任な発言を行って皆さんを更に悩みのるつぼに落としこむ人も多くいるのです。
例えば、バテや音域、音色のことで相談したあげくにマウスピースのセッティングやアンブシュアを変更させられて急に音が出なくなってしまった、と言って悩む方が結構多いのですね。
 
2016319102454.jpg
 
今、書いたことは、【トランペットがうまくなるコツ】と、とても関連しています。
 
皆さんは、自分の現在のトランペット演奏がどのような状態なのかは自分が一番よく知っている、と思っていると思いますが、本当にそうでしょうか?
自分の顔や体つきは鏡を見ないと分からないように、あなたの演奏も客観的に見ておく必要があります。その上でトランペット演奏での自分のいいとこ悪いとこの判断をする必要があるのです。
 
自分の演奏を客観的に見るためには、本当に信頼できる人に自分の演奏を聴いてもらうことが非常に大切になって来ます。その上で、日頃自分がトランペット演奏に関して良くしたいと思っていることを確認すべきなのです。
 
適当に、いいかげんにアドバイスをするような人には意見を求めてはいけません。
あなたの所属している吹奏楽部の先生ですらトランペットに関して専門知識を持っている方はごく少ないのですから。
 
では、【トランペットがうまくなるコツ】をお伝えします。
 
コツは、すぐ行動!です。
 
 
えっ、それだけって今、思いましたよね!
 
しかし、これがとても大切なのです。いろんなトランペットの技術的な情報で頭でっかちになっていませんか?
 
トランペットは吹く、このことが一番大切なのです!
 
【考えてばかりだと日が暮れちゃいますよ】・・・あの『みつを』さんも書いておられます。
 
音が汚いから綺麗な音で吹きたい!バテにくくなりたい!高音域の音を一発で決めたい、もっと楽に吹きたい!
等々の要望というか悩みがあると思うのですが、これらのことを解決するための一番の近道はトランペットを吹く、ということなのです。
 
今、あなたがトランペットの音が出ているのなら、アンブシュアやマウスピースのセッティングなどをいじってはいけません。
そんなことでは、上に書いた悩みは解決するどころか、益々吹けなくなります!
 
 
では、どうするのか。原因は何なのか?
 
多くのかたの原因は、ただ単に練習不足です。
 
こう書くと、また、え~っ。   自分はちゃんと練習してるし!   何いってんの!  プンプン!!
 
と思う人も多いかとは思うのですが・・(笑)
 
練習の順番と練習メニューが大切なのですね。これを分かった上でとにかく吹くことなのです。
 
そしてレッスンを受けましょう。
 
Joy Music は、無料の体験レッスンも行っています。また、今回【トランペット、練習しようかい】の募集も行っています。
 
すぐ、行動です!
 
無料体験レッスン=レッスンを希望 ではないのですからね。
もちろん、無料体験レッスンを受けて頂いて、レッスン生になって頂ければ尚結構ですけどね・・(^^)
そして、無料体験レッスンを受けて【 How  to  trumpet 】を無料でゲットしましょう!
 
How  to  trumpetには、練習の順番と練習メニューもちゃんと書いてありますよ。
 
 
 

腹式呼吸とその練習方法とは?

【腹式呼吸】とは?
胸で行っている呼吸をお腹を膨らませて息を吸い、吐く時にはお腹をへこませていく呼吸法です。
腹筋、大胸筋が鍛えられるので基礎代謝もアップします!
 
腹式呼吸では、大量の酸素を体内に取り入れることが出来るため、管楽器で音を出したり長い時間の演奏が可能になるのです。ということは、金管楽器奏者の唇の負担を減らすことにも繋がっているのです!唇の負担が減ればバテなくなりますよねェ~。(^^)
 
20163179465.gif
 
腹式呼吸では、最初に練習する時にお腹がペチャンコになるまで息を吐き切ることが大切で、息を吐き切るためにはお腹周りの筋肉がしっかり働く必要があります。
これは、吐き切ろうとすると自然に出来てきますので、大切なのはあなたが意識して吐き切ろうとすることです。毎日練習することでお腹周りの筋肉がしっかり働き出します。
また、お腹周りの筋肉の動きを知る方法として一番わかり易いのは、下の画像のロウソクの炎をあなたの「息」で一瞬で吹き消してみて下さい。
どうでしょう?あなたの「お腹周りの筋肉」の動きがよく分かったのではありませんか?
 
2016318105631.jpg
 
腹式呼吸の場合は、基本的に胸を動かさない方法ですので、呼吸により胸部周辺の筋肉が動くことはあまりありません。よって、首や肩がリラックスした状態を保てます。
首や肩がリラックスしているということは、首周りの力が抜けて、トランペットを楽に吹ける、ということに繋がってくるのですね。
 
では、腹式呼吸の練習方法について書いておきますね。早速、今日から取り組んで見て下さいね。
 
【腹式呼吸の練習方法】1日10回、3セット行います!
 
1. 口をすぼめた状態で、息を長く吐きお腹がぺたんこになるまでへこませる
2. お腹を凹ませた状態で、我慢出来るまでそのままキープ!
3. キープしている時間に、一緒にお尻の穴も引き締める
4. 鼻からゆっくりと空気を吸い込み、お腹を膨らませる
5. もうこれ以上吸えない!と言うところまで空気を吸い込んだら、10秒息を止めます
6. 前歯と前歯の間から「シー」という音を出しながら一定の量の息を吐き続け、1.に戻る
20163181153.jpg
 
 
【ながら腹式呼吸の練習方法】
思い立ったらいつでも行いましょう!
 
始める前に、背筋をまっすぐに伸ばして座る。又はリラックスして軽く両足を開いた状態で立って行う。
体内の息を口からゆっくりと吐ききる。この時、奥歯は噛まずに、口をリラックスさせること。
息を吐ききったら、今度は1.2.3.4と4つ数えながら、鼻から息を吸う。
息を吸ったらいったん息を止め、今度は7つ数える。この時、新しく吸った新鮮な空気が肺にいきわたるようなイメージで。
次に、8つ数えながら、ゆっくりと口から息を吐きだす。
 
あなたがし易い方で練習してみて下さい。大切なのは、楽しみながらすることですよ。
この腹式呼吸が出来るようになると、あなたのトランペットの音が一瞬で変わります!
 
 
 
個別出張のマンツーマンレッスンを福岡、佐賀でお探しなら、全く初めてトランペットに挑戦される方からトランペット歴の長い方まで、年齢・性別に関係なく対応。
 
レッスン生一人ひとりに合った分かりやすく、実効性のあるレッスンカリキュラムと適正な料金のJoy Musicにお任せ下さい。
 
Joy Music 渋谷雅寿  メール:info@tple.jp (メールは24時間対応)  
           電 話:0944-32-2950
 
※電話が繋がりにくかったり、お急ぎの方はメールが確実です。
 
 
今日は、ウイントン・マルサリスさんがトランペットの歴史について古楽器を色々吹きながら紹介されている動画をご覧下さい。
動画の最後に、中音のソの音でロングトーンをされていますよ(^^)~
 
La Historia de la Trompeta (Wynton Marsalis)

 

 

 

 

【一瞬で音を変える】ためには、ブレスを極めろ!

20163179465.gif

こんにちは。
 
今回は、【 ブレスということについて 】ということで書いてみたいと思います。
講習会や吹奏楽のトランペットパートへの指導また無料の体験レッスンでいつも思うことがあります。
 
それが、【ブレス】です。
ブレスをする、と普通言いますね。で、この言葉を聞くと「息を吸うんだ!」と思いがちなのですが、実はブレスと言うのは、息を吸って吐く動作が一つの流れになっていることなのですね。
息を吸うこともですが、吸った息を吐く、ということまで意識できている方が非常に少ないように思います。この“ ブレス ” をちゃんと出来るようになれば、90%の方はラッパの音が劇的に変わのですね。
そういう意味で、是非皆さんには今日のテーマである【ブレスということについて】もっと意識しトランペットを吹いて欲しいと思うのです。
息は毎日意識することもなくしていますが、「息をする」というのは吐く、吸うの繰り返しなのですね。
 
腹式呼吸がしっかりできるようになるとトランペットの音は“ 一瞬で音が変わります! ” 本当に今までとは全く違う「音」に変わります。そして、音が変わるだけではなく高音域が非常に楽に吹けるようになるのです。ということは・・・バテなくなるのです!
 
腹式呼吸のマスターと息を吐く力を身につけるためには、どんな練習をすれば良いのかを書いてみますね。
腹式呼吸を感じるためには練習は要りません。仰向けに寝てゆっくり鼻から息を吸ってみると自然とお腹が膨らみます。これが腹式呼吸をしている状態なのですね。
これを、座った時や立っている時に出来るようにすれば良いのです。仰向けに寝てゆっくり鼻から息を吸った時のお腹周りの膨れ具合をしっかり覚えておきましょう。この体の感じを(腹式呼吸の感じを)座った状態や立った状態で体感しやすい方法は、前傾姿勢をとり鼻からゆっくり息を吸うことです。
 
しかし、息を吸う前にすることがあります。それは、「吐く」ことなのです。もうこれ以上は吐けない、と思うまで吐くとお腹に力が入ります。
これを腹圧というのですが、この腹圧の感じも掴んでおいて欲しいですね。
もうこれ以上は吐けないところまで息を吐くと自然と息が体の中に入って来ます。この時に「鼻」から吸うようにして下さい。
 
イメージとしては、鼻から吸った息がおヘソのところぐらいまで一つの息の帯のような感じでスゥーっと入り込んで来るようなイメージ(上記イラスト参照)です。
腹式呼吸の練習は、歌は勿論のこと俳優さん、アナウンサーなどの職業の方も練習をされるのです。これはよく通る「声」を出す訓練なのです。
 
トランペットを吹くというのは、歌をうたうのに非常によく似ています。
響きのあるいい声を出すためには、この腹式呼吸でしっかりとした呼吸を行い、喉を開いて声を出すことなのです。
 
腹式呼吸が出来ると息を吸うこともですが、先ほど述べた “ 腹圧 ” もかけて声を出せます。歌を歌う時や声を伸ばして出す時には、この腹圧がなければ、よく通る響きのある声は出せません。
 
歌手の方や俳優さんやアナウンサーの方がボイストレーニングをされるのも、このような理由からなのです。
 
是非、皆さんも練習してみてくださいね。
 
次回も【腹式呼吸】について少し詳しく書きますね。
 
今日は最後に腹式呼吸の練習の仕方のビデオをYouTubeで見つけましたのでそのビデオと、アカペラのジャズコーラスをお聴き下さい。
 
誰でも一瞬で腹式呼吸を身に付けられる方法とは?

The Real Group - Scandinavian Shuffle, Swe-Danes Tribute 

とても凄いアカペラの演奏ですよ!

 

トランペットの個別出張マンツーマンレッスンを福岡、佐賀でお探しなら、年齢・性別に関係なく対応。Joy Musicメール:info@tple.jp (メール24時間対応)

 

 

B♭管トランペット、リバースタイプについて

今回は、B♭管トランペット、リバースタイプについて書きますね。
 
書くよりも、画像を見て頂いた方が分かりやすい、と思いますので見て下さいね。
 
 
2016316101845.jpg 2016316102045.jpg
上の写真は、私のバックのトランペットで掃除で分解した時の写真です。私のバックトランペットは通常のマウスパイプ(写真左)に通常のチューニング管(写真右)です。        写真の 部分が、組み立てる時に差し込む場所になります。
 
これに対して、リバースタイプのトランペットでは、このマウスパイプとチューニング管の構造が違います。
下の写真は、今度新しくバックから発売されたリバースタイプのトランペットで、チューニング管を拔いた所です。
 
2016316102657.jpg
 
どうでしょうか?
 
マウスパイプとチューニング管の構造が私の通常型トランペットと違っているのが分かると思います。
 
以前もブログ上でご紹介しましたが、私が最初に持ったトランペット、ヤマハのYTR634が、このリバースタイプのトランペットでした。
その時は、私自身何も分からずにリバースタイプのトランペットを吹いていたのです・・ ^^; ・・・
 
                          マイ・トランペット(ヤマハYTR634) (^^) scissors
 
2016316103123.jpg
 
一般的にリバースタイプのトランペットは、音抜けが良く明るい響きで演奏も楽に出来ると言われていてポピュラー音楽やジャズなどのトランペットプレイヤーに多く使われているようです。吹奏楽でトランペットを吹いている方も、適しているのでは、と思います。
 
このページの左カラムに初心者向けのトランペット紹介コーナーを設けています。【ヤマハトランペットと関連グッズ】のコーナーですが下をクリックして頂ければご覧になれます!
 
 
アメリカの楽器メーカーにマーチンという所がありますが、このマーチントランペットはマイルス・デイビスが
使っていたことで有名です。もちろんリバースタイプです!
 
次の動画は1回ブログで載せているとは思いますが、このマーチントランペット、リバースタイプを使っています。
 
では、ご覧下さい。
 
Painting Jazz - The Martin Committee Trumpet
演奏は、アメリカのジャズトランペッター、ケビン・ディーンさんです。

 

個別出張のマンツーマンレッスンを福岡、佐賀でお探しなら、全く初めてトランペットに挑戦される方からトランペット歴の長い方まで、年齢・性別に関係なく対応。
 
レッスン生一人ひとりに合った分かりやすく、実効性のあるレッスンカリキュラムと適正な料金のJoy Musicにお任せ下さい。
oy Musicは、トランペットのマンツーマンレッスンに特化した、正しい吹き方を正しい練習方法で身につけることが出来る地域で唯一のトランペット教室です。 
 
福岡市内~県南までと佐賀県全域で出張レッスン致します。また、対応地域以外の方でもお気軽にお問い合わせ下さい。
 
Joy Music 渋谷雅寿  メール:info@tple.jp (メールは24時間対応)  
           電 話:0944-32-2950
 
※電話が繋がりにくかったり、お急ぎの方はメールが確実です。
 
ページ上部へ