ホーム>スタッフブログ>B♭管トランペット、リバースタイプについて
スタッフブログ

B♭管トランペット、リバースタイプについて

今回は、B♭管トランペット、リバースタイプについて書きますね。
 
書くよりも、画像を見て頂いた方が分かりやすい、と思いますので見て下さいね。
 
 
2016316101845.jpg 2016316102045.jpg
上の写真は、私のバックのトランペットで掃除で分解した時の写真です。私のバックトランペットは通常のマウスパイプ(写真左)に通常のチューニング管(写真右)です。        写真の 部分が、組み立てる時に差し込む場所になります。
 
これに対して、リバースタイプのトランペットでは、このマウスパイプとチューニング管の構造が違います。
下の写真は、今度新しくバックから発売されたリバースタイプのトランペットで、チューニング管を拔いた所です。
 
2016316102657.jpg
 
どうでしょうか?
 
マウスパイプとチューニング管の構造が私の通常型トランペットと違っているのが分かると思います。
 
以前もブログ上でご紹介しましたが、私が最初に持ったトランペット、ヤマハのYTR634が、このリバースタイプのトランペットでした。
その時は、私自身何も分からずにリバースタイプのトランペットを吹いていたのです・・ ^^; ・・・
 
                          マイ・トランペット(ヤマハYTR634) (^^) scissors
 
2016316103123.jpg
 
一般的にリバースタイプのトランペットは、音抜けが良く明るい響きで演奏も楽に出来ると言われていてポピュラー音楽やジャズなどのトランペットプレイヤーに多く使われているようです。吹奏楽でトランペットを吹いている方も、適しているのでは、と思います。
 
このページの左カラムに初心者向けのトランペット紹介コーナーを設けています。【ヤマハトランペットと関連グッズ】のコーナーですが下をクリックして頂ければご覧になれます!
 
 
アメリカの楽器メーカーにマーチンという所がありますが、このマーチントランペットはマイルス・デイビスが
使っていたことで有名です。もちろんリバースタイプです!
 
次の動画は1回ブログで載せているとは思いますが、このマーチントランペット、リバースタイプを使っています。
 
では、ご覧下さい。
 
Painting Jazz - The Martin Committee Trumpet
演奏は、アメリカのジャズトランペッター、ケビン・ディーンさんです。

 

個別出張のマンツーマンレッスンを福岡、佐賀でお探しなら、全く初めてトランペットに挑戦される方からトランペット歴の長い方まで、年齢・性別に関係なく対応。
 
レッスン生一人ひとりに合った分かりやすく、実効性のあるレッスンカリキュラムと適正な料金のJoy Musicにお任せ下さい。
oy Musicは、トランペットのマンツーマンレッスンに特化した、正しい吹き方を正しい練習方法で身につけることが出来る地域で唯一のトランペット教室です。 
 
福岡市内~県南までと佐賀県全域で出張レッスン致します。また、対応地域以外の方でもお気軽にお問い合わせ下さい。
 
Joy Music 渋谷雅寿  メール:info@tple.jp (メールは24時間対応)  
           電 話:0944-32-2950
 
※電話が繋がりにくかったり、お急ぎの方はメールが確実です。
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tple.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/92

ページ上部へ